「きのこ」のおいしさを再発見!雲仙きのこ本舗の直営店『雲か山か』

福岡市内の百貨店やスーパーの野菜売り場で「きのこコーナー」に行くと、必ずと言って良いほど目にするのが「雲仙きのこ本舗」という文字。福岡に住む方なら、一度は手にとったことがあるのではないでしょうか。今回は、長崎県有数の温泉地である雲仙を拠点として、全国にきのこやきのこ加工品を展開する雲仙きのこ本舗の直営店「雲か山か福岡店」へおじゃましてきました。きのこマイスター・アドバイザーの楠田好美さんに、魅力をたっぷりとうかがいます。

きのこと言えば「雲仙きのこ本舗」」

 

創業者である楠田喜弥人さんが、生まれ故郷である茸山に縁を感じ、きのこ栽培を始めたことをきっかけに一大産地となった長崎県南島原市「雲仙きのこ本舗」。60年以上に渡り、えのき茸や椎茸、エリンギなどさまざまなきのこをつくり続けています。

今回お話をうかがった創業者のお孫さんである楠田好美さんは、きのこマイスター・アドバイザーで食育のスペシャリスト。直営店舗や通販もプロデュ―スされています。そんな楠田さんのお話のなかで、幾たびも耳にした言葉が「美味養生(体によくて美味しい)」。この言葉は、食の原点であり雲仙きのこ本舗のとても大切なモットーなのだとか。

「おいしく食べて健康になる。」という意味を持つ言葉。当たり前のようでいて、現代の食事のあり方においてはなかなか難しいものです。こちらでは、創業時から受け継がれてきたモットーを守りながら、無農薬にこだわり安心して食べられるきのこを栽培し、加工品も展開されています。

 

 

雲仙きのこ本舗で、きのこの魅力を存分に楽しめるのが「きのこもぎとり体験」です。ひんやりとした洞窟に入ればそこはきのこの森! こちらで作られているさまざまな種類のきのこを、自分の手でもぎとることができます。普段はなかなかお目にかかれないめずらしいきのこや、どこよりも新鮮なきのこに触れられるまたとない機会。雲仙、島原を訪れた際には、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

※雲仙きのこ本舗「雲か山か 愛野店」のみ体験可能

直営店「雲か山か」福岡店へ

 

西鉄薬院駅のほど近く、上質感のある和モダンな外観が目印の雲仙きのこ本舗直営店「雲か山か 福岡店」。雲仙きのこ本舗の新鮮なきのこや、さまざまなきのこ加工品が豊富に取り揃えられています。

 

「雲か山か」の由来とは?

 

それにしても、印象的で素敵なお店の名前。初めて耳にした時から、「雲か山か」の由来が気になりました。

楠田さんによると、江戸時代後期の歴史家・漢詩人である頼山陽が九州各地を訪れた時に、天草灘から雲仙普賢岳を見た情景を「雲か山か呉か越か」と漢詩であらわした一節にヒントを得たのだそう。雲仙の豊かな自然を感じられる素敵なエピソードですね。

 

「きのこづくし」が楽しい店内

 

店内に足を踏み入れると、そこはきのこづくしの楽しい空間。木のぬくもり溢れるナチュラルな空間には、きのこがたっぷりと使われた魅力的な商品が並びます。

きのこは、どんな料理にも合い栄養だけでなくおいしさもアップさせてくれる食材。低カロリーで季節を問わず手に入るのも嬉しいところです。雲か山かでは、もぎたての新鮮なきのこをはじめ、きのこのおいしさを存分に生かしたきのこ加工品も手に入ります。

 

幅広い世代から人気!即席ヘルシー麺「養々麺」

 

無添加、無農薬にこだわった地元食材でつくられている即席麺が「養々麺」。

 

 

養々麺は、お湯を注ぐだけでできる即席麺。3分で完成するとは思えない奥深く本格的な味わいです。油で麺を揚げず、冷凍乾燥法という製法で生み出されたヘルシーな独自麺に、上品な和風だしがよく絡みます。夏には、麺をお湯で戻した後水でしめて、さっぱりと冷やし麺でいただくこともできます。小さなお子さんから年配の方まで、みんなで安心して食べられる即席麺。いつも常備しておきたくなるおいしさです。

 

簡単でおいしくできる!きのこ加工品もいっぱい

 

雲か山かには、通販でしか手に入らなかった商品もずらり。有名料理家とのコラボレーション商品や、カレー、きのこだしなど日々の食卓で活躍してくれそうなものばかりです。

 

 

きのこ好きにはたまらない、めずらしい商品もいっぱい。

 

 

看板商品である養々麺はもちろんですが、特に筆者のおすすめは九州産食材がたっぷり使われた「きのこ御飯の素」。炊飯器でお米と一緒に炊くだけで旨みたっぷりのきのこ御飯ができあがります。日々の献立はもちろん、おにぎりにしておけば小腹がすいた時のおやつ代わりにも。

 

「雲か山か」のきのこたっぷり絶品ランチ

 

雲か山か福岡店では、平日のお昼にランチをいただくことができます。カウンター4席の小さなイートインコーナーは、きのこにまつわる雑誌や書籍が並びゆったりとした雰囲気。おひとりでも気軽に食事を楽しめますよ。

 

 

養々麺をメインにしたランチは、きのこのかき揚げと炊き込みご飯をプラスすることもできます。他ではなかなか味わえない食感・旨みが溢れる揚げたてのかき揚げと、和風だしのきいた養々麺の相性は抜群!具沢山の炊き込みごはんも味わえる、大満足のきのこずくしランチです。

※ランチ営業は、平日の12:00~13:00のみ

何度でも訪れたくなる、ビジネス街の小さな雲仙

 

木がふんだんに使われたやさしく温かみのある店内は、季節の緑や花がさりげなく飾られ、心地良く癒される雰囲気。雲仙の豊かな自然を、福岡のビジネス街にそのまま運んできたような風情です。

ほっとひと息つきに、健康的な食事の献立や大切な人へのギフト選びに…。小さな雲仙のような「雲か山か 福岡店」に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

雲か山か 福岡店

福岡市中央区渡辺通2丁目1-31 1F
(九州電力本社うら)
TEL:092-714-7400
営業時間:10:00~18:00
定休日:毎週日曜日

雲か山か 愛野店

長崎県雲仙市愛野町乙5552-8
TEL/FAX:0957-27-5180
営業時間:10:00~18:00
店休日:毎週水曜日(祝日の場合は営業)

オンラインショップ

雲仙きのこ本舗

https://www.unzenkinoko.co.jp/shop/front/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう